真実の自分を探して。 真実の自分を感じて。
スピリットの旅  久美
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インナーの癖、再び
2006年 08月 15日 (火) 18:49 | 編集


この所、自分の内で探求が深まる気持ちの良い日を過ごしているが、
昨日、今まで出来なかったパートナーとの話し合いで、また改めて
インナーの癖が浮上して、
わたしはこのエゴと再びご対面~となった。



それは、最近の2人の在り方から浮かび上がった、以前の2人の関係を思い知る内容の話し合いで、
わたしがいかに自分を愛していなかったか
彼がいかに自分を大切に扱っていなかったかが、
痛い程この話し合いから伺い知れた。

ほんの数ヶ月前まで、わたしはインナーの癖から、自分は必要でない愛されない者だと、無意識に刻み込んで生きて来た。
だから自分を大切に出来ない、受容出来ない、自信がない、自己がない・・・自分を愛せないことから波及する様々な傷を、心の奥深くにたくさん抱えて生きて来た。

自己がないから、自分の人生の選択に責任が生じる事も分からず、
無責任に誰かに責任を押し付けて今まで生きて来た。

そんな中で、どれだけの人に苦痛を与えて来たのか・・・また、どれだけの人に呆れながらも許されて来たのか、
申し訳ないやら、感謝で、今心は一杯だ。

パートナーにしてもそう。
わたしの自己愛のなさから度々繰り替えした自傷行為で、
どれだけの深い悲しみの傷を彼の心に付けたのだろう。
知らずにわたしたちの関係は、脅迫者と被害者になり、わたしの無意識のコントロールは、彼の健全な精神を病ませて行った時期もあった。

わたしは彼そのものに依存いていて、彼のわたしに対する愛で、自身の愛のなさから来る飢えを満たそうとしていたのだ。

買い物依存にもなり、多額のお金を使った事もある。
しかし、自分の中の満たされない愛を、いくら外に求めても決して満たされる事はなく、
自分を満たすのは、自分自身の愛だとようやく気付けたのは、最大の自傷行為、自殺を未遂でしでかした後でだった・・・


今もなお、エゴに翻弄されて心がざわつく出来事もあるけど、
自分を愛することで得た自分の中心にいることの重要さを忘れずにいたいと思う。

すべてはわたしの内にある。
愛もエゴも。

スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) スピリットの旅  久美 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。