FC2ブログ
真実の自分を探して。 真実の自分を感じて。
スピリットの旅  久美
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛に変換しよう
2006年 08月 14日 (月) 15:25 | 編集


最近パートナーの調子が悪い。って言っても、彼自身は相変わらず優しさや、わたしと楽しく過ごすことなどを心がけてくれているのだが、
身体的に腰の右側が痛いと訴えている。

右。顕在意識、男性性。
腰。霊的なものの要。
喉。感情。




話を聞くと、どうやら職場に何かある様。
本人も自分のエゴは自覚しているみたいなので、ふーん・・・と話を聞いて、感じた事をしばらく考えていた。

俺がこれだけのことをしたんだからそれだけやってよ。
という条件付きの行為は、常に相手に見返りを求めていることになる。
どうして相手に見返りを条件とした期待を求めるのか。

それはちゃんと扱われていないと感じているから。

つまり、自分は不当に扱われている、ちゃんと愛されていない、分かってもらえていない、という不満が心の中にあって、それが人(外)に向かって現れたのが見返りを求める行為。

でもそれは、確かにわたしの内にもある感情だった。

表現や出方が違うだけで、傲慢さとなって人に向けられるそれは、
人を判断して、その間違いやエゴに視点が行きそれを見つけ出して自分は大丈夫、正しいと安心したり、得意になる。

なんと、今のパートナーの状態の具現は、わたしの内を反映しているものだったのだ。

だから手元にあったプレアデス~人類と惑星の物語~金星人のくだりを、わたしは何気に読んだのか。

だからサポ相手の人に傲慢さについて、何気に意見を求めたのか。

すべては繋がっていたのだ・・・


ここから更に分かったことは、
パートナー=わたし
相手(人)=わたし
つまり、わたしが人に向けていた傲慢さは、すべて自分を判断して天秤に掛ける愛のない行為だったということ。

自分を大切に扱うことがまだまだ出来ていない・・・


そうか、ワンネスの視点から見れば、人は自分、具現は自分の内なんだなぁ、と、改めて思い知らされた。

具現を引き寄せるってことは自分の内にそれだけのエゴがあるってことなんだ。

もっと自分を愛そう。
そしてエゴを愛に変換しよう。


パートナーがもたらしてくれた思わぬ気付きに、
そしてパートナーの存在に、
本当にありがとう。感謝です。

愛をこめて。








スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) スピリットの旅  久美 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。