FC2ブログ
真実の自分を探して。 真実の自分を感じて。
スピリットの旅  久美
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インナーの癖と生きること
2006年 08月 06日 (日) 21:02 | 編集


記憶にも残らない幼い頃、母が家を出て行った。

その出来事はわたしの内に、
わたしは要らない子という傷を残した。



 母親に捨てられた。

    わたしが悪い子だったから。

        わたしは要らない子なんだ。







後年、母は家に戻ったのだが、
その時に家を出て行ったのは祖母との諍いが原因だったと聞き、頭の中ではわたしのせいではなかったのだと理解して、出来事は顕在意識から消え去っていった。

しかし、幼いわたしが受けた傷と、当然の様に愛される幼児期から児童期に母の愛を受けられなかった寂しさは、インナーのずっと奥に癒されないまま残っていて、今もわたしの人生に影響を及ぼしている。

それが自己否定
自分は必要のない存在。
だから自分を大切に出来ない。

また、母がいなかった間は父がそれなりに十分愛してくれたのだが、すでにその時には、わたしは良い子でなけれはいけないという思い込みがあった為、父の邪魔にならない様に自分の欲求を我慢していたと思う。

相手にして欲しいけど、父は今忙しそうだから待とう。
寂しいけど我慢しよう。

そんな本来の自分と欲求を押さえ付けて、偽りの自分を演じるという行為は、本当の自分の感情や欲求を次第に曖昧にして解らなくさせ、次第に虚しさだけが心に残る様になって行き、
大人になった今でもどう自分の人生を生きればいいのか解らない空虚さを常に覚える事となった。


こうして、自己否定と感情不全の空虚さは、わたしの内でクルクルと輪になって、時に自信のなさ自尊心のなさ、またある時は、自分以外の他者に依存する事によって自己を確立する・・・などと姿を変えて現れては、人生に深刻な影響を与え続けている。

そしてこれらに気付いた今、どうすればいいのか。


実家から戻ってから数日過ぎるが、その間の出来事と今までの自分を内観していて、パートナーとの問題が自分のインナーに由来しているのだと気付いた時、
わたしの内の傷付いた幼い子供が出て来て、どうしようもなくポロポロと泣き出してしまった。

その時パートナーは、わたしを優しく背中からを抱き締めてくれて気持ちを聞きながら話をしてくれた。
そこでわたしは安心して、ひとつインナーの傷を癒せたのである。

こんな事があってまた気付いたのだが、
母がいなくなって、その分も父に愛して欲しかった寂しさを、わたしはパートナーに求めていたのだ。

インナーの傷を彼の愛で癒そうとしていたのである。
だから些細なパートナーの言葉や態度で余計にインナーの癖が刺激されて、酷い孤独や不安を感じたのである。

なんてこった!
究極の自己責任放棄!!

これでは彼が疲れ果ててしまう。


入り組んで折り重なったインナーの癖はわたしの人生のあらゆる所で多大な影響を与えている。
これからの自己探求はここを中心に凄い事になりそうだ。

・・・しかし、こんな短期間で劇的に何かが変化していくのは本当に驚きだし、また楽しみでもあるので、こんな自分に良かったねと言葉を掛けつつ・・・巡り合せに感謝をしよう。























スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
久美ちゃんおかえり♪
本当のおかえりだね( ̄▽ ̄)
いつでもメール待っているので(笑)何かつまづいたらねえさんを頼ってくださいまし♪
らぶぅよ( ̄ー ̄)ニヤ...
2006/ 08/ 07 (月) 09: 59: 59 | URL | 瑠璃 # -[ 編集 ]
ありがとーっ!
やっぱし瑠璃ねえさんだねぇ(笑)
うん。今度はなんかしでかしたらメールしまっす。
らぶぅ~♪
2006/ 08/ 07 (月) 11: 24: 45 | URL | 久美 # -[ 編集 ]
もうダーリンの愚痴でも(爆)なんでもオッケーよ♪
帰ってきてくれて本当に嬉しいの♪
久美ちゃんの切り口って本当に素晴らしいと思うわ♪
らぶらぶぅよ( ̄▽ ̄)
ははは・・・
2006/ 08/ 07 (月) 13: 19: 11 | URL | 瑠璃 # -[ 編集 ]
にゃはは~
ダーリンへの愚痴はないかな♪(爆)
こんな『必要な経験』を生かして、チームとして出来る事を学びまっす♪
ホントにいつも愛をありがとーっ!
らぶらぶらぶぅ~(笑)
2006/ 08/ 08 (火) 15: 03: 05 | URL | 久美 # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) スピリットの旅  久美 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。