真実の自分を探して。 真実の自分を感じて。
スピリットの旅  久美
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
浄化を乗り切る為に 私的メモ
2006年 10月 18日 (水) 00:20 | 編集


とりあえず、
ひとつ、今まで生きてきた中で、常に在った大きな歪みが浮上したのは間違いないと直観がいうので、
これを紐解いて、わたしはわたしの信じる光の道の先を行こうと決心を確認する。

すべてと調和した美しい世界を願い、祈る。



このままわたしが、現状を何も改善せず居るのなら、離れて暮らさなければならない。

お金がない、の究極的な方向性をパートナーが告げた。

具現。

わたしの内の男性性が女性性に行動を促したのだ。


働くという事に対する思いと意識を一掃しなければ、という、今までなんとなく考えていてうやむやにしていた点を、白日の下に突きつけられた気分だった。


この時勢(世界を取り巻く光の強さ・密度が物凄い勢いで増している気がする)だもの、今まで内包していた問題(カルマ的な)が、次々浮上するのは道理だよな。と、どこかしらで納得しながら(笑)
ここで出るんなら出してしまえ!とも冷静に腹を括り…


で、
どうもそれは十代頃から顕著に意識しだした、
【現実を生きる事に対する意識のなさ=無意識の現実逃避】
今で分かる所の【グラウディングの甘さ】が引き起こす、お金を稼ぐ必要性と意味がよく分からない、なんて感覚が根底にあり、
その認知の歪みを正当化する為に、依存関係を引き寄せ、また、インチャが奨励するコントロールドラマを巧みに使いながら、
わたし自身が創り上げた温いマッドシー(混沌・カオスの海)が、
なんとなく漸く、最近視界に入りだしたのだった。

…とはいえ、
問題はこれだけじゃなく、多方面からのアプローチも多々あり…


とにかく、強引に纏めるとすれば、

お金=所有=執着=血族(夫婦関係やあらゆる人との間柄含む)=この社会に置ける形態・モデル=罠


如何にこの奇妙な世界の成り立ちを当然として生きてきたか、
そしてこのモデルはもう過ぎ去るべきものである、とも感じている。



調和
わたしの内も、あらゆる意味で今バランスを取らなくてはならない。
その調整の最中、浮かび上がる浄化しなければならない物事にこだわってエゴってみるのは、スマートでも優雅でもない。(笑)



スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) スピリットの旅  久美 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。