FC2ブログ
真実の自分を探して。 真実の自分を感じて。
スピリットの旅  久美
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
感じたこと
2006年 12月 06日 (水) 17:31 | 編集


鍵。

トリンちゃんの結婚式の翌日、わたしの家の鍵が行方不明になった。

2人で出かけて、最後に鍵を持っていたのはあだっさん。


こうなれば必要上の流れで、
使っていないあだっさんの家の鍵をわたしが使うことにした。


鍵を共有する。


そんな折、2日続けて仕事で出っくわした数字が 21
レジの現計と売り上げで21円多いのだ。

2と1 
まるで3だな。


なんだか意味深、と、笑いが出た。













スポンサーサイト
受け入れよう
2006年 11月 18日 (土) 14:47 | 編集

dozen、クラス5の仲間の記事、コミュのトピを読むと、
胸がヒリヒリと込み上げてきて泣く事が増えてきた。

ただ泣いて、それが治まったら決まってしょげた子供みたいな気分になる。
おまけに顔までしょげてむくれている。

なんか誰かに説教されたみたいだ。
説教というよりか、とても優しく悟されて促された感じか。

それなのに何処かで子供並の言い訳を続けているわたし。


もう認めよう。
何だか分からないけどあるんだから。

でっかいソレは確かにあるんだもん。
ある、って受け入れよう。

今、分からなくてもいいや。



今年の夏にやたら惹かれて買った石がある。
しばらく忘れていたのだが、最近急に思い出して手にしてみた。

セレスタイト

胸が熱くなり『わたしは愛だった』と、泣いた。








ん~・・・
2006年 11月 13日 (月) 20:45 | 編集


仕事場のロッカールームへのドアは、
決まったナンバーを押す方式の鍵がついている。

しかし、
教えてもらったキーナンバーを4つ押してみてもドアは開かない。


鍵(キーナンバー)は分かっている。
でも、開け方が分からない。


まんま今のわたしの状態みたいだな、と、思った。



泣きの解放が続いた
2006年 11月 12日 (日) 17:30 | 編集


『泣く』の記事のその日の夜。

スピセックスで何かが解放されたのか、またエグエグと泣きになった。


2人が交わった途端、わたしの意識は訳も分からず変性して、わぁーんと泣き出す事がままあるのだが、
その日は愛し合う行為が終わっても泣きは納まらず、
結構長い時間、激しい泣きとそれを堪えた咽び泣きと奥歯が合わない体の震えが続いたと思う。


その間あだっちゃんは、優しくわたしを抱きしめてくれて、

「ここにいるよ」

と言葉を掛けてくれていた。
≫ "泣きの解放が続いた" の続きを読む...
泣く
2006年 11月 07日 (火) 18:04 | 編集


何がきっかけか、忘れてしまったのだけれど、
ここ暫く自己否定の嵐が吹き荒れていた(爆)

過去に何度も、
自分で自分を死に向かわせただけに、
自己否定は本当に根深い。

こんなにもわたしはわたしを嫌いなんだな。


自分の内に在るものを、これでもかというくらい、
まざまざと見せ付けられた気がする。



≫ "泣く" の続きを読む...
copyright (C) スピリットの旅  久美 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。